ホットな情報が満載!薬用育毛剤特化サイトなら薬用育毛剤比較ランキング公式SITE

TOP > コラム > 薄毛、抜け毛になってしまう原因とは

薄毛、抜け毛になってしまう原因とは

薄毛や抜け毛の原因分析が発毛への近道です



 薄毛や抜け毛は原因によって選択すべき治療方法や治療薬が大きく異なります。そのため、それを解明することが発毛の第一歩といえます。代表的な原因の一つは遺伝による物です。
 自分の親族に脱毛の悩みを抱えている方がいる場合はその可能性があります。遺伝による脱毛は男性ホルモンの過剰分泌がもたらしていることがあります。その際にはホルモンの分泌を抑える育毛剤が有効です。
 また、ポリフェノールなどを摂取することで男性ホルモン優位を抑制することが出来ます。遺伝のせいだからといって諦める必要はなく、対処方法はあります。重要なのが本当に遺伝要因なのかを確かめておくことです。
 医師の診察を受ければある程度その要因を絞り出すことが可能です。

 一方で、不規則な生活や食生活の乱れによって徐々に薄毛や脱毛が進行している場合は血行の不順が要因として挙げられます。
 仕事でのストレスや体調不良によって起こることもあります。実は精神の疲弊も血流に大きく影響します。
 それらの際には血行を改善するための育毛剤が効果的です。もちろん、鉄分を摂取したり、血行マッサージをすることも非常に有効といえます。また、頭皮環境が脱毛の一因となっていることがあります。
 清潔にしているつもりでもシャンプーやリンスとの相性が悪かったり、枕に菌が潜んでいることもあります。
 最近は発毛効果のあるシャンプーもあるので、それらを使用すると便利です。枕は定期的に新調したり、菌が溜まりにくい材質にしたりすると効果的です。
 脱毛や抜け毛は一つの理由ではなく、いくつかの理由が複合的に絡まり合っていることもあります。例えば遺伝による男性ホルモンの過剰分泌と食生活乱れによる血行不順が重なっている場合は、両方に対処する必要があります。
 両方に対応している育毛剤を使用することも出来ますが、ホルモンを育毛剤で対処して食生活を見直す方法もあります。発毛は基本的に様々な方法を取り入れることで効果が大きくなりますが、同時服用できない薬もあるので注意が必要です。

 昨今、発毛や育毛を専門に扱うクリニックが登場しています。それらのクリニックでは脱毛症状の分析と育毛剤の処方を行っています。
 脱毛の症状を見極めて処方して適切な育毛剤を処方くれるので安心です。
 逆に脱毛の症状を見極めずに評判が良いというだけで薬を選ぶのは危険です。育毛剤が効果を発揮するには品質の高さと相性、要因に適合しているかの3点が揃っている必要があります。

カテゴリー